任意売却を大阪で専門的に行っています。事業用ローン・住宅ローンのご相談はお気軽に

住宅ローン・事業用ローンは任意売却再生カンパニー

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン支払いが滞った場合に所有者と債権者(金融機関)の合意のもとで、所有者の意思で適正価格にて不動産を売却することです。

一般的に、住宅ローン・事業用ローンの返済が滞った場合、最終的には「競売」となります。競売になってしまうと、物件所有者はもちんろん,

金融機関も決して望ましい取引とはなりません。一般市場価格より4~3割安く落札されるのが一般的で、物件所有者の方は物件は売却しているのに、ローンの残が残った状態になってしまうケースが非常に多いと言えます。
また、金融機関も融資時に想定していた回収金額よりも、遥かに下の金額しか回収できない場合がほとんどです。

ケーススターディー 任意売却 お気軽にお問合わせ下さい。 任意売却の流れ

当社は長年の経験とノウハウを持って、一つ一つの案件に真剣に取り組んで参りました。

任意売却はお客様の新たなスタートを切るための手段であり、これには迅速な対応や、お客様との信頼関係も大切だと考えております。直ぐに問題にならないケースであっても、将来的な不安などがございましたら、早期にご相談頂くことで、様々な解決策が導きだせる可能性は高くなります。お気軽にご相談ください。

流れ
相談する時期は早ければ早いほうが解決できる確率が高くなります。

逆に残された時間が短いほど、買い手を見つける事が困難になり、結果、競売の取り下げが出来ないケースもございます。

先を見据えて少しでも不安要素がある段階でも結構です。お気軽にご相談ください。

 

 

任意売却が強い理由 会社写真

任意売却は、基本的に弁護士と共同で行う必要があります。

当社の本社所在地は、大阪地方裁判所の北門すぐ前に位置し、弁護士事務所も非常に多く点在しています。

そんな「弁護士村」に本社を置く理由は、任意売却はスピードがとても大切だと言う事です。

もちろんスピードだけで全てが上手く解決出来る事はできませんが、提携弁護士と密にやり取りする事で、更なる良い解決策を導き出します。

任意売却はお任せ下さい。

任意売却は弁護士に依頼することも出来ます。

彼らは債権や債務・諸手続きなどはプロになりますが、住宅の専門家ではありません。

当社の主体は不動産事業を行っていますので、独自のネットワークを使い、お客様の物件をより高い金額で売却する事が可能です。

また、任意売却完了後住む家などについても不動産業を行っている当社ならではのサービスをご提供する事もできます。

当社は、弁護士とも提携しておりますので、手続きや任意売却の処理も一貫してお任せ頂けます。

 

 

物件が売却された場合は仲介手数料が発生しますが、この手数料は債権者・抵当権者側より相談の上支払われます。

ご相談者様から報酬を頂くことはございません。

成約できなかった場合は手数料も発生しませんので、別途費用を請求することもございません。

※コンサルタント料と称して別途請求することもございませんので、安心してご相談ください。

 

 

弁護士との連携が取れた任意売却  エントランス

弁護士事務所は法律に関する専門家です。

法律に関するあらゆる案件を抱えている場合がほとんどです。

当社は、任意売却を専門とした部門を設け、専門的に対応を行っています。

「お客様にとって、安心してお任せ頂ける」

私たちは常にそんな存在でありたいと考えています。

是非、当社にお気軽ご相談下さい。

 

 

 

 

 

お気軽お問合わせ下さい。